FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考と感情と…

相変わらずたまにしか更新できない、人生哲学?のコーナーを久々に書きたいと思います(^^)

今回はちょーどトラックバックテーマにも関わる内容だと思いましたので…
トラックバックしつつ語っていこうかなと(^O^)

今回のテーマは「思考と感情と…」という事で…
若干後半をぼかしてありますが、それは後で書きます(^_^;)

正直、おいら自身も掴みきれているかわかりません;^_^A
が、書くだけ書きたいんですよね♪

下部にトラックバックテーマの内容を残してますんで、本編は続きからお願いします\(_ _)


こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは涙もろいですか?」です年をとると涙もろくなる・・といいますが本当に最近涙腺が弱くなってます人前では絶対泣かないタイプだったのですが、この前友達とテレビを見てる時に、映画の予告で半泣きになった自分がいましたさすがにびっくりしました・・・最近ドラマや映画でも人前でガンガン泣いてしまっています・・皆さんはどうですか?涙もろいタイプです...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたは涙もろいですか?」




では、まず「感情」について今回考えた事を書いていきます。

「感情」については以前の人生哲学?で長々と書かさせていただきました。
よければこちらも見てみてくださいね(^^)
自身を支配する為に
自身を支配する為に-2
自身を支配する為に-3
自身を支配する為に-4

この時は感情の詳細についてを考えておりましたが、
今回は感情が表に出る要因について考えます。


人にはなぜ「感情」が備わっているのか?

映画に感動して 泣いたり、
人に罵られて  怒ったり、
贈り物を貰って 喜んだり…。
(トラックバックテーマにおける「涙もろさ」もこれにあたるとは思います。)

表面的な観点であれば、「映画に感動して」「人に罵られて」「贈り物を貰って」 が要因となっています。

これを深く掘り下げていくと…

全ては「自身が五感で得た情報に対する影響を受け入れた際の反応」なのではないでしょうか?

先ほどの例だと
 映画の世界観を受け入れた為に、    泣いた
 人に罵りを受け入れ、否定する為に   怒った
 贈り物を受け入れ、欲求を満たした為に 喜んだ
と、言えると思います。

逆に、これらを最初から否定した場合は… 感情は何の反応も示さないはずです。


では、その五感が得た情報を受け入れるかどうかは、どのよーに決まるのか?

それが「思考」だと思います。

簡単に書けば

五感の情報 → 受け入れるかどうかの思考 
  受け入れれば    → 感情(泣いたり怒ったり)
  受け入れなければ  → 無反応

こうなるのではないかと(^_^;)



さて、ここで1点疑問が。

受け入れるかどうかの「思考」ですが…
判断基準は??


受け入れるかどうかを「考える」のはいいとして
どういう理由で「受け入れる」のか?


もしよければここで答えを考えてみてください(^^)
記事タイトルの後半を「…」でぼかしたのはこのためですw

おいらの答えは↓に…
ここからマウスで下に向かってドラッグすると文字が出ます。

判断基準は…
その人が持つ「欲求」だと思います。

自身が「こうありたい」と思う欲求
こういうモノが欲しいと思う欲求
~をしたい!と思う欲求

それにより自身にとって有益なものは受け入れます。
あるいは不利益なものは否定、または排除します。
(怒りの感情は対象の否定により生まれるので)


なのでまとめますと…

五感からの情報 → 思考(生きる上の欲求に基づき受け入れるか判断) → 感情(受け入れた時の反応)

となります。


生きる上での欲求がない、あるいは少ない人は…
感情が表に出ることが少ないのではないでしょうか…。
(もの凄く怖いことですが…、実際にそういった人を見た事はあります。)



さて、どうでしょうか?
日常、こういった観点から思考、感情について考える事は少ないかと思います。
あなたはこの記事を…「受け入れ」ますか?


←こーゆー記事は久々なので書くのに時間かかりました;^_^A
 いい記事だったらお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
コメント

No title

なんだか色々 考えちゃいますね。。。。
ムズかしい(゚Д゚)
考える=受け入れる にもなりますよね♪
これを読ませていただいたので まずはいろんな観点から物事を見ていこうと思います☆

Re: No title

moca さん
色々考えるきっかけになれば と思って書いてます♪
自身の為のメモでもありますけどね;^_^A

この人生哲学?のカテゴリは…
おいら自身が書いた内容なのに、読み返して
(゜゜; ハッ! となる事がよくありますw
もしお時間ありましたら他の記事も見てみてください♪

「受け入れるか入れないかの基準」は私は「過去の経験」だとおもいます。そう思いながら前半を読んでおりました。つまり、育ってきた環境も、過去の経験ですよね。
それで物事のいい、悪いの判断がきまると思います。例えばごみを道にポイとすてる人はそういう環境で育ったと思います。
親に限らず、周りの人を見ていて。

いい、と思うものは受け入れて(それが批判したいものでも、おっしゃるように、意見を持つということは無反応でなく反応して「受け入れ」ですよね。)で感動して泣いたり興奮して泣いたり・・・。
で、一度覚えた快感はもう一度って欲求が起こってる。
と、思いました~~~。

久々にあたま使ったでーヽ(^。^)ノ

Re: タイトルなし

てのりぱんだ さん
まさしくそのとーりだと思います(^O^)
人は過去の経験を経て知識を蓄積し、それを今の判断に活かす。
気づいているようで気づいていない事ですよね…。

こーして一つのテーマに沿って一緒に考えていただけるのは嬉しいです♪
おいらが書く記事は、1つの側面から見た結果…
簡単に言えば一人で考えて書いたものですので;^_^A

皆さんの意見でおいら自身も思考を柔軟に広げていけれればいいなと思いますe-454

No title

難しい・・・(●´-ω-)
ちーの・けいさんっていつも難しいこと考えてますね~。
私、こんなこと大学の授業とか以来考えてません(笑)

受け入れるか受け入れないかを思考している時点で受け入れてるのかな?
その辺って曖昧でわからないですね~。
人間って難しい・・・。

Re: No title

こもも さん
ん~ だいたいが思いつきですよ?w 
で、思いつきから掘り下げた考え方を記録しておこうと(^^)
こーゆーのが何となく好きなんですよね♪


受け入れるか受け入れないかの思考は、
人にとってもの凄く一瞬の出来事だと思います。
(反射と言ってもいいくらいですね;^_^A )
そういった意味では「思考」という表現が良くないかもです…。
ま、とりあえず「判断する為の何か」はあるという事ですね(^_^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。